キタキツネの模型工作日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーマンホビードラ 夏のバーゲン

冬は金欠で断念しましたが、今回は行ってきました。ドラのバーゲン。
もう凄いの一言、ほとんどの商品が半額~7割引くらいでした。この日のために小遣いを貯めていたので資金的には余裕があったのですが、電車&徒歩での移動だったため、持ちきれる範囲内で購入をストップ。無念です。

で、本日の収穫ですが

dora-sale-1


         (゚Д゚)

自分で買っといてなんですが、レジンには飽き足らずばQにまで手を出してしまいました。いや、別に衝動買いではなく、「あったら買おうかな~」程度に考えていたのですが、3000円と言う破格値だったので即確保しました。ちなみにA-6は2000円、合計5000円のお買い物でした。ちなみに定価で買ったらほとんど2万円分ですから、相当安いですよね。
本当のところ2000円だったモノのF-101、F-84、500円のF-4なんかも欲しかったのですが、なにせかばんにこれ以上入らなかったもので・・・明日もいければよかったのですが、残念ながら5日間合宿で不在。冬のバーゲンに期待しましょう。

ちなみにTSR.2の中身はこんな感じ

dora-sale-2


主翼はナナニイのF-15サイズですが、胴体は60cmと半端なくデカイです。幸い、箱は縦に長いながらも薄くガッチリしているので、十分に「熟成させてから」つくりましょう(笑
スポンサーサイト

思い続ければ・・・

昨日、督促状が来た本(レポート書くのに使って以来すっかり忘れてました。図書館さんゴメンナサイ)を返すついでに、D-FORCEまで行ってきました。
以前通販(あそこは通販と店舗が別で、売っているものが違います。当然HPは毎日チェック、店舗も2週間に一度くらい通ってます)で予約しておいたものを引き取ってきました。

F-100


モノグラムF-100スーパーセイバー!!!
やっと入手できました!散々探して回ったのにもかかわらず、発見したのは今回が初です。価格も高くなかった(1500円)ので、HPが更新された直後、瞬時に注文しました(以前更新2時間後に注文したにもかかわらず、メンターを入手できなかったので躊躇わずにメール送信ボタンをクリック)。

今年のJMCにはF-14とF/A-18を応募する予定でしたが、14が会場でのトム祭にエントリーするので、1機空きが出来ることになります。よく考えた末、もう一機はP-51以降研究中のフィルタリングをメインにした汚しとしてみようかと考えています。自己流の技術がどのような評価を下されるのか挑戦してみよう、という魂胆です。

とはいえ、大戦機(もといプロペラ機)はどうも性に合わないので、作るとすればジェット、しかも汚しをフルに入れられるとなればベトナム戦争参加機が脳内に浮かんできます。写真で見る限り「これでもか!」と言うほど汚れていますからね。
そこで、当然のごとく真っ先に候補に挙がったのがF-100。かみたにさんの赤白には到底及びませんが、自分の持てるすべてを投入して製作しようかと思っていました。

しかし、そんなに上手くいくもんじゃありません。なんといってもベトナム迷彩のデカールが無い!2001年以降エキスパートチョイスから3種ほど出ているようですが、カレッジアイでもドラでも狙ったように品切れ。今度アキバで探してみようかと思います。
ちなみにレジンパーツならブラックボックスがまだ流通していますし、レジェンドから腐るほど出ているのでいくらでも(金が続く限り)投入できます(笑)

で、もしデカールが発見できなかった場合の代替案・・・と言いつつこっちも猛烈にやりたいわけですが・・・が↓

 F-105


サンダーチーフです。これは去年の暮れに半額買っておいたもの。ちゃっかりブラックボックスも押さえてあります。こちらなら昨年、エアロマスターから大量にデカールが出ているので問題は皆無。(いや、本音はカッティングエッヂの”アレ”なんですけどね。僕がやると逮捕されかねないのが辛いところ)。パーツの合わせなんかもこっちのほうが数年新しいためかかなり良いです。ワイルドウィーゼルのAGM-78も捨てがたいけど、単座でタグをぶら下げた爆弾を大量に吊るすのも夢ですよね。

時間はあるのでじっくり検討してみることにします。

糸冬了

2日間に及んだ入試の手伝いが終わりました。正直、疲れた。あいだ1日はさんだとは言え5時起きはツラス。

終わってホッとしたので帰りにはしむらに行ってきました。本当はペロッといってペロッと帰ってくるはずだったものの、結局話が弾み、エレールのミラージュシリーズその他を見せていただいたりしているあいだに1時間以上経過。遅く帰って親に怒られました('A`)
以前取り寄せを頼んでおいたアイリスのF-14ホイールベイを購入したので

良い子は真似をしないように


Bトムの材料が揃いました。これでいつでも着工できるのですが、モデラーズアイが発売されてから作ろうと思います。

って…これ、値段計算するのが恐いなぁ…

ハセガワ F-14B ”ダイアモンドバックス”  4800円
Two bobs F-14B VF-32 OIF         1300円
ブラックボックス ボムキャットコンバージョン 4200円
アイリス F-14Bコックピット          2600円
アイリス F-14 ホイールベイ         2200円
                     計 15100円
    (゚Д゚)ウボァー 

去年の岐阜基金(岐阜航空祭に行くためにチョボチョボ貯めてたお金。結局直前で計画破綻となったため放出)全額+αくらい投入されてますねぇ…中学生の買い物じゃないっす。

頑張れ受験生

明日と明々後日は本校の入学試験です。思えば3年前の今ごろは緊張で眠れなかったものです。未来の後輩の皆さん、ベストを尽くしてくださいね。
とはいったものの、入試は人事ではなく、僕も補助要員として駆り出されます。日の出前から8時間ほど拘束されますが、それで謝礼が月の小遣いと一緒くらい出るのですからいい仕事です。

                で

今日は入試前日ということで、教室のセッティングが終わってもまだ1時半。上記の皮算用もあり、不良学生はアキバへ行ってきました(笑
毎度の事ながら、F/A-14さんからの情報をもとに、イエサブにて

ピンナップ バイキング


ピンナップデカールの最新作、VS-21の解散記念塗装を買って来ました。
これは見れば分かるとおり300枚限定生産、それもミーティアプロダクツに関連する人にしか購入できないとのこと。運良くイエサブには若干(僕が買ったので残り1)在庫があったのですが、このチャンスを逃すとまず入手不可能でしょう。僕としてはCAGで揃えたかったのですが、”本命”のファイナルバージョンのNF700がどこからもアナウンスされていないので、脳内NO.2のこいつを抑えておきました。グレー/シーブルーで塗り分けたシックさの中にも、ノーズアートなど派手さがあって、なかなかいい感じですよね。
ただ・・・ピンナップの傾向としてやや高めです。購入価格が4500円ほどだったので、財布の中がすっからかんに(苦笑)。もっとも、2月はたいして欲しいキットも無いので問題ないのですが(そういや1月中にキット買わなかった)

急性レジン病患者は今日も行く

予告の通り、しむらに行ってきました。

本心はA-6とS-3のコックピット(両方は無理なのでどちらか一つを買って、もう一つは取りおきを頼むと言う姑息な手段)だったのですが・・・残念ながらA-6は売り切れでした。ほかでも見当たらないし、これはバーリンデンを使うしかない・・・のでしょうか。

しむらでの目標撃墜率が(ある意味ようやく)100%を切ったとはいえ、買ったのは↓

もう誰にも止められない・・・金以外


もうね・・・止まりませんよ。F/A-14さん曰く、「S-3のコックピットはネット通販でも見かけない」とのことなので、バッチリ抑えておきました。Goffy Model というメーカーからホイールベイ&ウェポンベイセットも出たそうだから、作る時にはこれも仕込む・・・か?来年のお年玉ですね。
本来ならA-6EのVA-115用デカールを買う予定でしたが(エアロマスター、絶版です)、在庫はあったものの(絶版であろうとなんだろうと普通に出てくる。これがしむらクオリティ)、所持金では数百円足りなかったため、取り置きとして、代わりに?スパスケのEA-6B用を買っておきました。機首に稲妻が入ったのも捨てがたいけど、個人的にVAQ-136はブラックテイルにド派手な配色というイメージでして。
A-6のほうは、週末に小遣いが入り次第取りに行きます。

同行したY幡君がシュトルモビク(なんで中1でこんな機体知ってるんだよ。ちゃっかりアキュレイトのキットも持ってるし。Y幡君、君は先輩より重度の基地外になる素質を秘めているよ)のデカールを探している間に、レジにあったダイナベクターのガネットを見せてもらいました。うーん・・・ばQとはいえ綺麗な筋彫り、ぱっと見た感じの雰囲気はかなりイイです。エアウェーブのエッチングを使って、主翼を折りたたんだ妄想に駆られます(ホントにやりかねないのが恐いところ。まずはバッカニアだ)。

ダイナベクターの話題になったところで店長から聞いたのですが、なんとヨンパチでA2Dスカイシャークがインジェクションで出るそうですよ!詳細はわからないとのことでしたが、「ビーバーの扱い」と仰っていたので、多分グランドフェニックスでしょう。同社はFJ、F3Hとかなり変態的な機種を簡イながら高い精度で発売しているので、相当な機体がもてます。ただ・・・ダイナベクターより高くなるのは確実でしょう。同規模のFJですら8000円弱だもんね。はかない夢でした。FJのように、森の里で半額になるのを待ちましょう(笑)。

で、帰ってみてから机の引出しもとい「アフターパーツ保管庫」を見てみると・・・

バーヤバーヤ


・・・(^^;


追記
F/A-14さん向けトム画像
AeroFaxのF-14に掲載されていた、DトムのHUDです。デジカメの接写で申し訳ないのですが、反射ガラスに明らかな”枠”があることがお分かりでしょうか。フレームや操作部の形も微妙に違うような・・・って調べたところ、DとB(U)では装備しているHUDが異なるようです。D型はIP-1494/A、B型はフライトビジョン社のスパローホークというそうです(世傑別冊F-14TOMCAT参照)ブラックボックスを移植しなくて良かったですね。(24時間限定UPです)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。